旅色に紹介されました

ふと旅行に行きたくなったら、おひにち限定プランを一度ご覧くださいませ。 日頃のご愛顧に感謝して、定価より最大6000円オフにて...

通常の極み懐石に石川県のブランド蟹『加能蟹』をお二人様で1杯お付けいたします。 量はたくさん必要ないけど、上質な蟹を頂きたい...

【加能蟹】で冬を味わう~至福の萬葉「かに極み懐石」北陸の風土が生み出す冬の味覚「加能蟹」。魯山人をはじめ 日本人が古くから愛...

旅亭萬葉の基本『極み懐石』~旬を追いかける季の食彩 萬葉のスタンダードプランです。プラン選びに迷われたらこちらをどうぞ...
ようこそ旅亭萬葉へ
雄大な敷地に10部屋限定という贅沢
辰口温泉の歴史は古く、1400年前にもさかのぼり、すでに養老年間(717~724年)には村人たちが、傷ついた馬の脚を温泉で癒した、と伝えられています。 時は移り、応永年間(1394~1428年)には、洪水で水没したため復旧の試みが幾度もなされました。 上杉謙信軍と織田信長軍が戦った「手取川の戦い」は約150年後の天正5年(1577年)にこの地で起こった出来事です。 そして江戸時代末期である天保7年(1836年)に来丸村の源助が温泉を掘り当てたのです。 当時の温泉運上金(税金)の記録によると、温泉宿6軒の名前が記載されており、明治35年(1902年)頃には10軒もの温泉宿で賑わったそうです。
おもてなしに込められた萬葉のこだわり
萬葉に一歩足を踏み入れたら時間も空間も別世界を演出しています。
ロビーではソファーに座ったままチェックインができますし、抹茶のウェルカムサービスを行っています。雄大な敷地に、日本庭園ならではの静けさ、たたずまいがそこにあります。
おもてなしについても、つかず離れずのお客様がくつろぐ空間を心がけています。ご夫婦・ご家族でのんびりくつろいでいただけましす、大切な人とゆったりとした時間をすごしされてはいかがでしょうか。
北陸の自然が生んだ細やかで繊細な料理
日本海に面する石川県には、蟹やのどぐろなど、北陸を代表する海の幸がふんだんにあります。近隣には漁港も点在し、朝採れたばかりの海の幸を贅沢に味わうことができます。
また地元の名産である加賀野菜など、ここでしか味わえない山の幸もご堪能いただけます。
器にもこだわっており、九谷焼にこだわらず、一品一品のお料理にあた器をご用意し、目でも舌でも味わえるお料理をご用意しております。

[1400年続く北陸の名湯 ]
開湯1400年余りの歴史ある温泉養老の頃にはすでに村人たちは馬の脚が傷ついたのを癒したと伝えられています。 一時洪水のために水没したが天保7年(1836年)来丸村の源助が温泉を掘り当てました。 入浴後肌が滑らかになることから美人の湯ともいわれ女性に人気のある湯です。
[ 姉妹館たがわ龍泉閣名物たんぼの湯 ]

萬葉別館「たがわ龍泉閣」自慢の大混浴露天風呂「田んぼの湯」。田んぼの真ん中から湧き出た源泉は6か所あり、春には早苗がそよ風になびき、夏には新緑がまばゆく、秋の夕べには刈田の赤とんぼ。冬には湯煙がただよう雪景色など、四季折々の山里の風景をお楽しみいただけます。
●当館にご宿泊の方は無料でご利用いただけます。
●混浴露天風呂「田んぼの湯」(別館たがわ龍泉閣:送迎あり)
入浴時間: 15:00~22:00
●田んぼの湯は男女混浴ですが、ご入浴用の浴衣をお貸しいたします。

ページTopへ戻る